瓢鮎図

日本の初期の水墨画

如拙(じょせつ)作

​1415年(応年22年)以前の作

室町幕府将軍足利義持の命により、ひょうたんでナマズを押さえるという禅の公案を描いたもので、1415年以前の作。京都市の妙心寺塔頭・退蔵院の所蔵。国宝。

​画面上半には、大岳周祟の序と玉畹梵芳(ぎょくえんぼんぽう)など31人の禅僧による画賛がある。

  • Grey Facebook Icon
  • Grey Instagram Icon
  • Grey Vimeo Icon